筑前町ファーマーズマーケット

福岡県朝倉郡筑前には、筑前町ファーマーズマーケットみなみの里と呼ばれる施設が有ります。
この施設は、「昔を懐かしむ事が出来る」と言う特徴があるのですが、昔を知らない人にとっては、新しい筑前町に出会えると言う特徴が有ります。

ここでは、山羊、ニワトリ、メダカ、つるし柿、炭焼き窯、炊煙、菜の花畑など、昔ながらの風景を楽しめる施設でもあるのです。

この施設にあるレストランでは、ご飯をかまどを使って炊き上げると言います。

昔の家庭では、ご飯を炊くときは、まきを使って火をおこして、釜を使ってご飯を炊いていたわけですが、これを再現する形でご飯を炊き上げているのだと言います。

秋期は実りの季節でもあり、この秋期に出来た実りをいただくと言うのはとても贅沢な話ではありますが、この施設の横には畑があり、その畑で栽培を行った、筑前クロダマルの枝豆の試食会なども開催されています。
この筑前クロダマルの枝豆は、筑前町特産の黒大豆であり、甘みがあり、豆の本来の味を楽しめると言われているのです。

この施設はグルメだけではなく、コンサートなども開催されており、コンサート会場には露店も並ぶことからも、グルメと音楽の両方を楽しめると言う特徴があるのです。